不動産鑑定評価事業

 

不動産鑑定評価事業

 

 

企業経営においては、固定資産の収益性の低下によって投資額の回収が見込めなくなった場合に

一定の条件のもとで回収可能性を反映するように帳簿価額を減額する会計手法の減損会計が導入されることとなったり、企業価値を高める戦略の一つとして、オフバランス戦略が注目されたりしております。

 

また、東京・大阪・名古屋等でようやくバブル経済の崩壊からの長いトンネルを抜け出し、地価が上昇に転じている一方で、地方都市ではその率を緩めながらも依然下落が続いているという、地価の二極化が進んでおります。

 

このような状況下、今日の不動産マーケットは難易度を増し不動産戦略の優劣が本業の事業拡大スピードを左右します。不動産戦略を優位に進める上で、適切な不動産戦略策定の第一歩としての不動産の時価把握の重要性は増しています。

 

当社はそのようなお客様のニーズに正確な価値を提供することで的確にお応えします。

ぜひ、当社の不動産鑑定をご利用ください。