株式会社ピュアジャパンは、事業用不動産の売買仲介・コンサルティング事業、オフィス・店舗の賃貸仲介事業、プロパティマネジメント業務の受託・管理運営事業、工事リニューアル業、不動産の鑑定評価・デューデリジェンス事業、ロジスティックソリューション事業を主な業務とする不動産・建設会社です。

 

 

 

株式会社ピュアジャパンの社名は

 

 

 

の頭文字をとって命名しております。

一見、不動産・建設会社らしくない社名でありますが、私達は事業を通じて純粋に日本の将来の為に役に立つという意志をもこの社名に込めております。

 

 

 

 

私は古代遺跡や歴史的建造物を巡るのが趣味で、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、中南米等と、世界中の様々な国を訪れました。これらの国の中には、過去には素晴しい繁栄を誇ったものの、現在では大変貧しい国もあります。

 

当初、私は国が貧しい理由を国民の勤勉性にあると考えておりました。 しかし、皆が皆、真面目に働いていないかというと、決してそうではなく、それぞれの国で皆一生懸命頑張って生きているのだということをこれらの国々を訪問し実感しました。 そして、重要なことは皆が頑張って働いている、そのパワーの方向付けであるということに気が付きました。方向付けによっては、働けど働けど暮らしは楽にならずといった状況になったり、また、一方では、より豊かな生活へと繋がって行ったりとするのです。

 

その方向付けは、政府が担う部分が大きいのですが、政府だけに頼るのではなく、企業が経済活動を通じて、個々の意識の中で、目先の利益や自身の規模の拡大だけでなく、常に将来を見据え、社会に果たす役割を認識し活動することで、社会を物心共に、より豊かなものにすることができると私達は考えます。

 

 

 

日本は天然資源が乏しく、ましてや石油を売って商売が出来るわけでもありません。
そのような日本において、経済を発展させて国を豊かにし、更には地球をより良くしていく為には、"人財"という資源を育てていくしかありません。
そこで、私達は事業を通じて"人財"を育てていくことを、会社設立時からの基本としております。
私達が育てていこうとしている"人財"は「無から有を生み出す」人です。

 

そして、"人財"育成においては、自身の成長そのものが最終目標ではなく、成長した人間が更に人を育てていく循環を社員に要求しております。
与えられた仕事をこなしていただけの人は、不況になるとよく「仕事がない」と言います。
然しながら、仕事は創り出すものであると考える人にとっては、今までの仕事がなくなったなら、新たな仕事を創り出せばいいのであり、仕事は創り出せばいくらでもあると考えます。

 

不況時に「仕事がない」と言う人間が大半を占める国では、その国の経済発展は望めません。
私達は仕事を通じて「無から有を生み出す」"人財"を育てていくことをその使命と捉え、まずは早急に自身が「無から有を生み出す」ことが出来る"人財"となり、その上で自分が人を育てていくのだという強い意識を持つ社員の育成に、日々奮闘しております。

 

 

 

不動産は全ての社会活動・経済活動を支えています。
特に土地はその持つ有用性の故にすべての国民の生活と活動とに欠くことのできない基盤であります。
私達は、この不動産を事業の基盤に、私達と同じように、日本をより良くしていく為に様々な事業を通じて頑張っておられるお客様のファンとして、そのお手伝いをさせて頂きます。
よく「お客様にファンになってもらう」ということを掲げている会社があります。
私達ではこれとはまったく逆で「お客様のファンになる」ということを掲げております。
ファンというのは、例えば野球やサッカーであれば、贔屓のチームの選手が、ふがいない戦いや、弛んだプレーでもしようものなら、罵声を浴びせたり、激しくなじったりと、容赦なくたたくものの、素晴らしい戦いやプレーをすれば拍手喝采で最高の賛辞を贈るものです。
選手が、チームが、強くなって欲しいという愛があるからこそ、ファンといえども時には厳しく接するのであって、失敗しようが何しようが常に「ドンマイ、ドンマイ」と慰めているだけでは真のファンとはいえません。
お客様の夢を叶えるお手伝いをしていく上では、例え嫌われたとしても厳しく叱咤激励をしなければならない時もあると私達は考えます。
時には厳しく、でも、そこにはファンであるからこその愛があってのことで、私達はお客様の夢を叶えるお手伝いを必死になって行って参ります。

株式会社ピュアジャパンをよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

平成 4年

3月

早稲田大学商学部卒業

平成 4年

4月

株式会社大和銀行(現株式会社りそな銀行) 入社

平成 16年

1月

サンフロンティア不動産株式会社 入社 流通事業部部長

平成 18年

10月

当社設立 代表取締役就任(現任)

 

【免許・資格】

不動産鑑定士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー